アコースティックギター初心者が、ギターを弾けるようになるためには、動画を見ながら練習するのが一番!!

☆F(バレーコード)の押さえ方のコツ

☆F(バレーコード)の押さえ方のコツ

Fを代表とする左手の人差し指で
すべての弦を押さえて作るギターコードを、
バレーコードといいます。

このバレーコードは、アコギ初心者の最大最強の敵ですが、
ちょっとした押さえ方のこつをつかめば、攻略しやすいです。

F(バレーコード)の押さえ方のコツとして、
フレットのより近くを押さえるということです。

これはすべてのギターコードを押さえるときに共通していえることなのですが、
フレットから押さえる指が離れていると、
音がびびったり、かなりの握力を必要とします。

フレットにコードを押さえる指を近づける事によって
握力をあまり必要とせず、少ない力で
F(バレーコード)を、押さえることができます。

もうひとつのコツとして、
弦を指で押さえるというのではなく、
親指と人差し指でつまむという感じでコードを押さえてみてください。

F(バレーコード)は慣れるまで少し時間がかかりますが

  • フレットに指を近づける
  • 押さえるのではなくつまむ

 

この2つを意識してがんばって
F(バレーコード)コードを攻略してください。

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional